太平洋国立大学. 大学の歴史
Site map

大学の歴史
太平洋国立大学で勉強することの利点
大学の構造
教育の基本プログラム
大学院の教育
ロシア語の勉強のプログラム
国際プログラムと教育交流
コンピュータ化
科学図書館
研究活動
課外活動
生活情報
Application for 2013-2014 academic year
  

大学の歴史



 

自動車と道路の建設、林業、および建築の機関: - 1954年6月29日ソ連の閣僚理事会は、ハバロフスクの複合体の構築、高等教育機関の決議を採択しました。

(写真)、AS Kudrin

建設中の複合体の初代所長

1958年3月29日 - このプロジェクトの一環としてハバロフスクハイウェイ研究所が開設されました。それに伴い、最初の学生が建設や高速道を専攻として在籍しました。

(写真)MP Danilovsky

ハバロフスク工科大学の最初の学長

1962年7月12日 - ソ連共産党中央委員会とハバロフスク工科大学が以前あった教育機関を基にして創設されました。鉄道技術大学の卒業生であり、第二次大戦を経験したM.P. Danilovskyが最初の学長となりました。

 

1967年 – 大学の主な工事が終わり、同時に研究施設、6つの学生寮の建設も終わりました。

その時までにハバロフスク工科大学は10の部門で構成されいろいろな分野での高度な教育機関となっていました。

1992年 - ハバロフスク工科大学は、そのステータスを変更し、ハバロフスク国立工科大学(KSUT)に転換しました。

学術評議会と学長が2000年までハバロフスク国立工科大学の包括的なプログラムを開発し、そのことが社会科学や人文科学の専門家育成を推進しました。

 

(写真)、VK Bulgakov

ハバロフスク州立工科大学の最初の学長

 

2005年3月23日-ロシア連邦の教育省の命に基づきハバロフスク州立工科大学は、太平洋国立大学(PNU)と改名されました。かつての大学のステータスを受け継ぎながら太平洋国立大学としての新しい1ページが開かれました。

 

(写真)SN Ivanchenko

太平洋国立大学の最初の学長