太平洋国立大学. 研究活動
Site map

大学の歴史
太平洋国立大学で勉強することの利点
大学の構造
教育の基本プログラム
大学院の教育
ロシア語の勉強のプログラム
国際プログラムと教育交流
コンピュータ化
科学図書館
研究活動
課外活動
生活情報
Application for 2013-2014 academic year
  

研究活動

 

本大学は全体として極東とロシアの科学的および革新的な可能性の発展に大きな貢献をしています。本大学は物理学、数学、工学、人文科学の20以上の科学分野で研究を行っています。過去5年間で800以上の研究および開発活動を継続しています。

大学には、47の研究所、45の科学と産業部門があります。

本大学で開発された多くのアプリケーションは、積極的に地域のガス石油会社、エネルギーと石油会社、極東の最大の航空や造船などの生産に導入されています。

本大学は積極的に外国の研究機関や組織と協力しています。本大学の科学者は様々な活動によってヨーロッパ、アジア太平洋地域およびその他の研究機関と協力しています。本大学では、国際的な科学シンポジウム、会議やセミナーを開催しています。毎年、ハルビン工科大学と共に"新材料と新技術"と言うシンポジウムが編成されています。2000年以降、毎年本大学は、韓国、日本、中国及びその他の国々から約30大学の代表者が参加する"新しい世紀の新しいアイデア"と言う国際フォーラムを開催しています。本大学の科学者は中国、米国、日本、ポルトガル、その他の国での国際会議やシンポジウムに参加しています。

本大学は、技術革新の開発に多くの力を注いでいます。過去5年間本大学で、革新的なビジネスユニットが組織されました。例えば、学生ビジネスインキュベーター、イノベーションとテクノロジーセンター、"インパルス"センター、ハバロフスク地方の技術移転センター、非商業的なパートナーシップ"極東技術移転センター"があります。

学生研究活動にも多くの力が注がれています。若い研究者、大学院生、学生の研究活動は非常に発展しました。4学生の設計局、本大学の若手研究者の評議会、学生研究活動のための評議会が組織され現在にいたります。

海外とロシアの学生は、大学内外の会議、コンクールに参加しています。例えば、外国語のフェスティバル«Hello, English»、本大学の外国語コンテスト、学生が主催する科学的かつ実用的な会議、外国人留学生のためのロシア語コンテスト、ユーラシアオープンコンペにおける最高文学の翻訳(EURASIAN OPEN)、留学生と大学院生の研究 論文と創造的なプロジェクトの全ロシアレビューがあります。"学生の春"フェスティバルへの学生の参加は伝統になっており、2010年第49回学生会議では265の論文が発表され、そのうち139の論文が留学生によるものでした。過去5年間に様々なレベルでのコンテストで、1,000以上の学生研究論文が発表され、コンクール、会議や展示会へ参加したうち、600以上の学位、賞、証明書を受け取りました。

  • パートナー間の相互需要を理解し、科学協力の確立。
  • 外国人(日本、中国、韓国、米国)が参加する合同国際シンポジウム、セミナーや会議を整備する。
  • ロシアの学生が奨学金プログラムに参加;
  • 大学院生が中国の主要大学で、"経済学"、"経営学"、"言語学"を学ぶ;
  • 全ロシア、地域、大学間の会議、留学生と大学院生の研究論文と創造的なプロジェクトの全ロシアレビューに留学生が参加;
  • 出版物や研究資料の交換。
  • 留学の形で教師の学歴の向上に相互扶助。